不動産屋と隣近所について

SITEMAP

グラフ

CHOICES CONTENTS

パソコンを使う男性

満足のいく賃貸生活を続けられるか

頑なに賃貸を希望する主人と、家(もしくはマンション)を…

人差し指を立てる男性

タワーマンションに住んでみて良かったこと

麻生総理が「過去最大のローン減税」を実施した年にタワー…

青い家

一戸建て購入のススメ

不動産の購入…それは大半の方にとって…

» SITEMAP

不動産屋と隣近所

家と空

私は、もう23年ほど大阪の八尾市でアパート暮らしをしています。現在のアパートで8軒目になります。八尾市の不動産屋にも誠意があるところと、ないところがはっきりしてます。まず誠意が感じられなかったところは、借りるまでにきちんとした情報もなく、問い合わせにも曖昧。いざ借りると、あり得ないと思った物件が2件ほどありました。1軒目は、コンクリートの建物でしたが、湿気がすごくて押し入れも締め切りで開けるとカビ臭く、喘息も出てかなり苦しみ退去しました。3ヶ月ほどで、退去しましたが資金はほとんど返ってきませんでした。2軒目は、子供の進学の都合上慌てて探して入ったら、押し入れがなくて、備え付けの家具がありましたが、壁も薄いのか隣近所の声が筒抜けで下を走る車の震動やマフラーの音もうるさかった。おまけに、隣の奥さんが神経質で子供の声、お客さんとの会話、テレビの音も敏感で、その時に言ってくれれば分かるのに、夜の9時くらいになって苦情を言う。ストレスがたまって、半年程で退去しました。今のところは、不動産屋と大家さんに恵まれ、快適に過ごせています。一番のメリットはゴミの収集が市じゃないので、分別がすごく楽な事です。回りも静かな方で、不便な訳でもなくもう、4年が過ぎました。何度かの引っ越しで、私が感じた事は、不動産屋はとにかく何軒も回って、物件も何軒も見て回り、自分の目で確かめて、質問にもきちんとした対応してくれるところを探して、最終的に決める事です。s


八尾市に中古の分譲マンションを購入してから早...


私は大阪の八尾市に中古マンションを分譲購入し早14年が過ぎようとしております。
30戸に満たない中規模マンションです。
100戸を越えるようなマンションとは色々勝手が違うとは思いますが、自分が購入したマンションの観点からメリット・デメリットについて簡単に述べてみたいと思います。
メリットとして挙げられるのは、管理組合がある程度しっかり出来上がっていることでしょうか。
私のマンションは途中で管理会社が変わるなどの事態が起きましたが、当初から住んでおられる方が色々と経緯をご存知でしたので、組合が管理会社の言いなりになるような、杜撰な運営になっておらず、次の管理会社に移行してもスムーズな運営ができました。
理事長、副理事長などの役職は輪番制となっており、私も理事長を務めたことがありますが、周りの方のサポートが手厚く、無事に役目を果たすことができました。
新築で新規に管理組合を…となると、なかなかこうはいかないのではないかと思います。
一方でデメリットとして挙げられるのは、設備関連でしょうか。
私のマンションはいまどき珍しく有線放送が入っています。
日中ラジオを聞くにはとても便利です。
ただ、この有線放送のおかげで、CATVのオンデマンド機能が導入できないという状態になっています。
CATVの使用する周波数と、有線放送の周波数が同一なためできないのだとか。
こういう部分では新築マンションの方が最先端の機能に対応しているので、便利かと思います。
ほんの一例を挙げさせていただきましたが、マンションを購入する際に、価格や間取りだけでなくこういった部分も頭に入れながら検討するのもよいかと思います。
これは余談ですがマンションには大規模修繕がつきものです。
管理費の他に修繕積立金の制度があるか、金額がどの程度か理解しておいたほうが得策です。
予算が足りず、いざ修繕という時に臨時集金で何十万と飛んでしまうケースもありますので…
私のマンションはその点、修繕予定の数年前から少し積立金を値上げしていたため、予算内で修繕が完了いたしました。

家の中に防音室を作りたい!



日本の住宅事情で騒音によるトラブルも珍しくありません。特に住宅地やマンションなどではご近所トラブルにも発展しかねないほど、音については神経を使う問題と言えます。生活音もありますが、最近は趣味で音楽をする人も多く楽器などの演奏が騒音として問題になるケースもよくあります。
スタジオを借りるという方法もありますが、近所に無かったりレンタル料が高かったりでなかなか思うように練習できないという悩みもあるでしょう。そういった悩みを解決すべく、注目されているのがユニットタイプの防音室の設置です。
住宅を建てる時に防音室を作る、あるいは今ある部屋の中を遮音加工するとなれば費用もかかり、工事も大がかりになります。それに比べてユニットタイプの防音室は部屋の中に小さな部屋を組み立てるというもので、かなり手軽なイメージがあります。
楽器メーカーを始め扱う業者も増えているのですが、数時間の設置で引っ越しなどにも対応できるのは家庭向きと言えます。大きさは0.8~4.3畳くらいまでが一般的で、費用は7,80万~200万円くらい、期間が限られている人にはレンタルもあります。子供の習い事や大人の趣味、自宅で楽器を教えたいがそれように大きな部屋を作るのが無理など、様々なケースがあります。




阪神エリアで仕事を探している方は人材派遣のグローバルキャストへ登録してみるのも一つの方法かもしれませんよ。グローバルキャストは大手グループなのできっと希望の条件で見つけることができますよ。

外部リンク