不動産屋と隣近所について

SITEMAP

グラフ

CHOICES CONTENTS

パソコンを使う男性

満足のいく賃貸生活を続けられるか

頑なに賃貸を希望する主人と、家(もしくはマンション)を…

人差し指を立てる男性

タワーマンションに住んでみて良かったこと

麻生総理が「過去最大のローン減税」を実施した年にタワー…

青い家

一戸建て購入のススメ

不動産の購入…それは大半の方にとって…

» SITEMAP

タワーマンションに住んでみて良かったこと

人差し指を立てる男性

麻生総理が「過去最大のローン減税」を実施した年にタワーマンションを購入しました。
5年ほど住んでみて良かった点をまとめたのでこれから買う方の参考になれば嬉しいです。

まず、購入時には全然重視していなくて、たまたまついていたディスポーザー(生ゴミ処理機)。
これが、すごく便利で今ではこれなしの生活は考えられません。
常に台所が清潔、そして臭いもしないのです。

そしてゴミ繋がりで、ゴミ収集が行政団体ではなく一般業者であること。
行政の場合、ゴミの区別が大変ですし、回収が週に数回では衛生的とは言えません。
その点、管理組合が業者に委託している場合は、毎日収集がありますし、区別も2種類くらいなので楽です。
やはりゴミ関係は毎日のことなので重要です。

ダストルーム(ゴミ集積所)が各階にあると何階に住んでもゴミ捨てが楽なので、これも合わせて要チェックです。

構造ではイチオシなのが「内廊下」。
普通のマンションは、ドアの外は建物の外側の廊下に通じていると思いますが、これですとドアの外も建物の中なのです。

例をあげれば、ホテルのような作りだと思ってください。
玄関が汚れにくく、食品の宅配などを頼んでも衛生的です。
同じフロアのダストルームにスリッパで気軽に行ける点も助かります。

建物自体は、最近のモデルルームでしたら、どこも図面を置いてあり、外部の1級建築士の方に依頼して見てもらえばいいので、自分ではこういう生活の細々とした部分をチェックすることをおススメします。